【イーサリアムを搭載!?】Cryptoに関連するスマホを3つ紹介

本記事では、Cryptoに関連するスマホを3つ紹介します。

本記事で分かること
・Cryptoに関連するスマホ
・イーサリアムOSを搭載した”Pixel 7a”
・ソラナブロックチェーン対応の”Saga”
・ハードウェアウォレット対応の”Galaxy”

それぞれ、価格や発売日・特徴をまとめます。

イーサリアムOSを搭載した”Pixel 7a”

イーサリアムOSを搭載したスマホ”Pixel 7a”の予約が、2023年8月23日に開始されました。

https://twitter.com/EthereumPhone/status/1694055250582270195
イーサリアムOS搭載の”Pixel 7a”の特徴
・価格:0.39ETH(約9万3000円)
・予約条件:NFTの発行
・出荷予定:2023年の秋

すでに最初の申し込みは終了しています。
予約できた国も限定されていました。

予約できた国

  • 米国
  • カナダ
  • 欧州

スマホの機能をまとめます。

  • 分散型メッセージ機能の利用
  • 決済機能の利用
  • ENSの利用
  • ライトノードの運用

2023年の秋以降は、一般販売も開始される予定です。

また、申し込み直後に詐欺が出てきていました。
以下のポストで注意喚起と公式リンクが掲載されています。

https://twitter.com/EthereumPhone/status/1694772309666463881

ソラナブロックチェーン対応の”Saga”

2023年4月14日に予約注文分の出荷がされました。

対象出荷先
・米国
・EU
・英国
・カナダ
・スイス
・オーストラリア
・ニュージーランド

公式のポストで公開されています。

https://twitter.com/solanamobile/status/1646577095739576320
ソラナブロックチェーン対応”Saga”の特徴
・価格:約1,000ドル(約14万円)
・プレオーダー条件:公式サイトで100ドルの前金
・33カ国で販売認証を取得

仮想通貨ウォレットの秘密鍵は、Androidデバイス上で安全に保管するためのプロトコルで管理されています。
処理性能は、iPhone14にも匹敵する高性能なデバイスです。
主に利用可能な分散型アプリは以下の3つです。

  • 音楽配信のAudius
  • メッセージアプリのDialect
  • NFTマーケットプレイスのMagic Eden

他にも利用可能なアプリはあるので、公式X(旧Twitter)公式サイトから確認してみてください。

各アプリには、Saga購入者向けの特典が設定されています。
「Saga genesis token」NFTを取得することで、Saga専用の報酬プログラムに参加可能。
Sagaを開発している企業は、アンドロイドの生みの親であるAndy Rubin氏が2015年11月に創設した企業です。

また、2023年8月10日に価格が599ドル(約8万5000円)に引き下げられたことが発表されています。
8月10日以前の早期購入者には、特典がありました。

https://twitter.com/solanamobile/status/1689305794049634304

ハードウェアウォレット対応の”Galaxy”

2021年5月13日に”Galaxy”がハードウェアウォレットに対応すると発表しました。

  • 対応ハードウェアウォレット:Ledger製品
  • 保管方法:Samsung Blockchain Walletで管理

サムスンはGalaxyシリーズにて、ハードウェアウォレット以外にもウォレットを提供しています。

“Galaxy”暗号資産ウォレットの特徴
・ビットコイン対応
・イーサリアム対応
・ERC規格のトークンに対応
・TRC規格のトークンに対応

一部地域でGeminiと提携し、暗号資産取引にも対応しています。
アプリからブロックチェーン関連のニュースも閲覧可能です。
ネックは、ハッキングなどを受けるリスクです。
オフラインで暗号資産を保管可能なハードウェアウォレットに比べ、安全性は劣ります。
デバイスをハードとソフトの両面で保護する「Knox security platform」を開発しています。

まとめ

本記事では、Cryptoに関連するスマホを3つ紹介しました。

  • イーサリアムOSを搭載した”Pixel 7a”
  • ソラナブロックチェーン対応の”Saga”
  • ハードウェアウォレット対応の”Galaxy”

実際に使用してみないと使用感や課題が分からないので、購入してみても良いと思います。
日本で使用できるスマホが無いことが残念です。

関連記事
【2023年最新版】MetaMask(メタマスク)とは?PCとスマホでの始め方を徹底解説
【2023年最新版】GMOコインの口座開設方法を画像付きで解説!
【2023年最新版】仮想通貨取引所の手数料を比較!手数料を安くするコツとは?

画像ソース:shutterstock / Zapp2Photo

秋葉 慶介副編集長

投稿者プロフィール

Web3.0、NFTのリサーチャー・ライターとして活動。
2021年にCryptoの思想に触れて興味関心を抱く。
アメリカのマシューボール(Matthew Ball)氏が2020年に提唱した、メタバースの5つの要素(狭義のメタバース)に感銘を受ける。
メタバースにはNFTが必要であることを確信し、NFTを購入。Web3.0での活動を始める。
「現実世界の拡張」「生き方の1つの手段」としてのメタバースの世界を目指し、NFTを多くの人に届けるために活動を続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Pickup Event

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る