【暗号資産をスマホで管理?】ソラナのスマホ、二代目が予約注文開始。

本記事は一般的な情報提供のみを目的としています。
投資判断の是非を判断するために利用されるものではなく、会計・法律・税務に関するアドバイスや投資を推奨するものではありません。

本記事では、Solana Mobileが発表した二代目のスマホと、初代のスマホについて解説します。

本記事で分かること
・Solana Mobileとは?
・Solana Mobileの初代スマホ「Saga」について
・Solana Mobileの二代目スマホ「Chapter2」について

Solana Mobile(@solanamobile)は、Solana(@solana)のスマホを提供する会社です。
2022年6月に初代スマホ「Saga」を発表し、2023年12月に全て完売しました。
2024年1月17日に「Chapter2」が発表され、予約注文が開始されています。

まずは、初代スマホの「Saga」について解説します。

初代スマホ「Saga」は、2022年6月24日に発表されました。

https://twitter.com/solana/status/1540032336594718720

特徴をまとめます。

初代スマホ「Saga」の特徴
・Android上に構築
・SolanaPayが利用可能(GooglePayも使用可能)
・非中央集権型のdApps(分散型アプリ)ストア
・秘密鍵の保護
・指紋で取引にサイン

参考:公式サイト公式X(旧Twitter)

価格が1,000ドル(約14万円)と高額なことから、なかなか完売に至りませんでした。
しかし、2023年12月に全て完売しています。

完売の要因は、「BONK」と呼ばれる暗号資産のエアドロップです。
Sagaを所有している人にエアドロップされた「BONK」の合計は、Sagaよりも高額でした。(2023年12月時点での価格)

実質、タダでスマホを購入できるうえに、利益まで出る状況になりました。
これにより、一気に完売しています。
※Sagaの価格は1,000ドルから599ドルに値下げされました。

BONKは、犬系のミームコインです。
12月2日と12月15日の価格を比較してみると、大きく上昇していることが分かります。約6倍です。

出典:CoinMarketCap

もともと「Saga」の購入者特典として、3000万BONKのエアドロップがありました。
BONK価格の急騰により、Sagaを購入するだけで原資回収できる状態となりました。

BONKとSagaの詳細は、以下のツイートを参考にしてください。

https://twitter.com/bonk_inu/status/1736008368035393928
https://twitter.com/bonk_inu/status/1736008368035393928

Solana Mobileが、2024年1月17日に「Chapter2」と呼ばれるスマホの予約を開始しました。

https://twitter.com/solanamobile/status/1747302707273089133
https://twitter.com/solanamobile/status/1747302707273089133

詳細をまとめます。

二代目スマホ「Chapter2」の詳細
・価格は450ドル(税金、送料、手数料を除く)
・1人につき1個まで
・1世帯5個まで
・2025年前半出荷予定
・日本から購入可能

なお、現在の価格は特別価格で、商品の数量にも限りがあるとのことです。
「Saga genesisトークン」が付与されるかどうかもポイントです。
このトークンは、デバイス依存のSBT(譲渡不可能なNFT)で、BONKのエアドロップはトークン保有が条件でした。

参考:公式サイト公式X(旧Twitter)

本記事では、主にSolana Mobileの二代目スマホ「Chapter2」について解説しました。

まとめ
・Solana Mobileとは?
・Solana Mobileの初代スマホ「Saga」について
・Solana Mobileの二代目スマホ「Chapter2」について

Sagaは日本で購入できなかったのに対し、Chapter2は日本で購入可能です。

https://twitter.com/SOU_BTC/status/1747420172506550371
https://twitter.com/SOU_BTC/status/1747420172506550371

X(旧Twitter)で、「Chapter2 Solana」と検索すれば、多くの投稿がでてきます。日本の方の購入も多いです。
450ドル(約65,000円)であれば、iPhoneよりも安いですね。
スマホとしての利用というよりかは、エアドロ狙い・新しいもの好きな人が購入している印象でした。

また、発表から30時間で3万件の予約が入ったようです。

https://twitter.com/solanamobile/status/1748028922439119193
https://twitter.com/solanamobile/status/1748028922439119193

期待値の高さが伺えます。

画像ソース:公式サイトCoinMarketCap

関連記事
ビットコインETFが承認。米国証券取引委員会(SEC)が声明を発表。
メルカリがビットコイン決済に対応
誰でも広告で報酬を得られる【Back Wallet】2024年春リリース予定

秋葉 慶介副編集長

投稿者プロフィール

Web3.0、NFTのリサーチャー・ライターとして活動。
2021年にCryptoの思想に触れて興味関心を抱く。
アメリカのマシューボール(Matthew Ball)氏が2020年に提唱した、メタバースの5つの要素(狭義のメタバース)に感銘を受ける。
メタバースにはNFTが必要であることを確信し、NFTを購入。Web3.0での活動を始める。
「現実世界の拡張」「生き方の1つの手段」としてのメタバースの世界を目指し、NFTを多くの人に届けるために活動を続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Pickup Event

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る