【無料】NFTの仮想美術館をつくろう「cyber」で ― 販促にも使えます

Cyber」という、仮想美術館を作るサービスが人気を博しています。ご存知ですか?
サイト:https://oncyber.io/
利用は無料です。有料のスキンもあります。
アクセスしたら、右上の「Login」から、メインのウォレットを接続すればOK。

Cyberって何?

仮想のVR空間上に自身の所有するNFT画像等を設置して、自分だけの美術館を作ることが出来るサービスです。
VRマウントがなくても、PCやスマホからぐるぐる回して普通に見れますよ。
自身のウォレットを接続して、あとは任意の場所に配置していくだけ。
立体物も動くモノ飾れるし、音楽も出せます。
使い方として、コレクターのコレクション自慢の他、クリエイターが自身の作品の展示室のように使うことも効果的ですね。

1つ不具合として、イーサリアムのNFTはサムネイル画像を見ながら配置出来ますが、PolygonのNFTのサムネイル画像が表示されないバグがあります。
配置すればちゃんと表示されます。
やりかたとしては、
OpenSeaで、配置したいPolygon作品の作品名をしらべて、Cyberで文字列検索をかけて選択する
です。

誰が使ってるの?

著名人から一般人まで幅広く使っています。非常に簡単に直感的に操作することが可能です。説明とか見なくても何となくでできますよ。
以下は一例です。

https://twitter.com/etoile_lemon_ed/status/1446990261981093890

他にもたくさん

Twitterで「oncyber.io」で検索すると色々と出てきます。
Twitter検索:https://twitter.com/search?q=oncyber.io&src=typed_query
cyber公式のランキング:https://oncyber.io/

より丁寧な解説記事

https://note.com/taraco_mom/n/n064bf0b65bd7

かねりん代表取締役/創業者

投稿者プロフィール

Web3業界を幅広くリサーチし分析を行っている。
2017年頃から暗号資産業界に通じ、国内外でWeb3関連プロジェクト・イベント等を多数手掛ける。
各種SNS、Voicy、メールマガジン、オンラインサロン運営等を通じてWeb3に関連する情報発信を毎日行っている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Pickup Event

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る