【NFTプロジェクト紹介記事】CRYPTO NOUとは?

本記事では、国内発のNFTプロジェクト「CRYPTO NOU」を紹介します。

本記事でわかること
・「CRYPTO NOU」とは?
・「CRYPTO NOU」のNFTコレクションについて
・「CRYPTO NOU」

CRYPTO NOUとは?

プロジェクト概要
CRYPTO NOUは個性豊かなCuteでCoolな脳のあるキャラクター達です。
104体のキャラクターから始まり、105体目からCRYPTO NOU -KAI-というコレクション名で継続中です。
それと合わせてCRYPTO NOU 3という3Dのシリーズもはじまりました。
コレクションには、様々なストーリーがあります。
脳は誰もが持っているものですが、容姿は人それぞれで魅力的な個性があります。
「個性を大切にしていこう!」という思いが込められているプロジェクトです。

CRYPTO NOUのNFTコレクションについて

CRYPTO NOUのコレクションは2種類あります。

  • CRYPTO NOU
  • CRYPTO NOU 3
CRYPTO NOUコレクション詳細
・発行チェーン:Ethereum
・発行枚数:133枚
・販売日:2022年9月23日(1ヶ月に1、2回不定期で販売)
・初期販売価格:0.05ETH
・OpenSea:https://opensea.io/collection/cryptonou
CRYPTO NOU 3 コレクション詳細
・発行チェーン:Ethereum
・発行枚数:18枚
・販売日:2023年4月5日(1ヶ月に1、2回不定期で販売)
・初期販売価格:0.04ETH
・OpenSea:https://opensea.io/ja/collection/cryptonou3

CRYPTO NOUの「NOU」は日本語で脳を意味します。
CRYPTO NOUは「2DのCRYPTO NOU」と「3DのCRYPTO NOU 3」の2つのコレクションがあります。
ユーティリティは以下のとおりです。

ホルダー特典

限定ユーティリティ

Q&Aと詳細

CRYPTO NOUとは別にOrdinals・Foundationでもコレクションを展開しています。

Ordinalsの作品(Noudinals)

Foundationの作品

今後の活動について

CRYPTO NOUをキャラクター化し、カプセルトイにすることがひとつの目標とされています。
そして日本国内だけにとどまらず、海外へも作品を通してCRYPTO NOUの存在を知ってもらうことも目標のひとつです。
取材の中で「既存のホルダーさまやこれから出会う未来のホルダーさまが笑顔になってくれることが一番幸せでもある」と素敵なコメントをいただけました。

2023年9月16日には、コレクション1周年を記念して7体の作品が販売されました。

販売翌日の9月17日には、作品が完売しています。
9月17日時点でリスト(販売されている作品)はゼロです。
また、9月23日には1周年記念のイベントが行われます。
完売した作品もポスターに入るようです。

公式リンク集

・公式サイト:CRYPTO NOU公式サイト
・公式 X(旧Twitter):AIRU-CHAN
・公式 Instagram:CRYPTO NOU / AIRU-CHAN
・公式リンク集:Lit.Link

ライター所感

「CRYPTO NOU」という作品名を聞いたとき、直接的に「脳」が関係するとは思いませんでした。
話を聞いているうちに脳がデザインとされていることがわかり、「人それぞれの個性を大切にする」という作品に込められた想いとデザインが一致していると感じました。
NFTに限らず、アートにはクリエイターの想いが込められています。
直接的なデザイン・コレクション名で多くの人にわかりやすい作品です。
さらに、クリエイターの想いを直接聞くことによって、作品の見え方が大きく変わります。
作品を見るときに、以下の2つを考えてみると面白いです。

「作品に込められた想いは何か」
「作者は何を伝えたいのか」

これらを考えてから改めて作品を見ることで、作品の見え方が変わります。
「CRYPTO NOU」も、まさにこれでした。
みなさんも本記事を読んだ後、改めて作品を見てみてください。
作品の見え方が変わることがわかるかと思います。

関連記事
【2023年最新版】MetaMask(メタマスク)とは?PCとスマホでの始め方を徹底解説
【2023年最新版】GMOコインの口座開設方法を画像付きで解説!
【2023年最新版】仮想通貨取引所の手数料を比較!手数料を安くするコツとは?

秋葉 慶介副編集長

投稿者プロフィール

Web3.0、NFTのリサーチャー・ライターとして活動。
2021年にCryptoの思想に触れて興味関心を抱く。
アメリカのマシューボール(Matthew Ball)氏が2020年に提唱した、メタバースの5つの要素(狭義のメタバース)に感銘を受ける。
メタバースにはNFTが必要であることを確信し、NFTを購入。Web3.0での活動を始める。
「現実世界の拡張」「生き方の1つの手段」としてのメタバースの世界を目指し、NFTを多くの人に届けるために活動を続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Pickup Event

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る