コカ・コーラがBase上でNFTをリリース!フェルメールやゴッホなどの作品とコラボ

  • 2023/8/25 23:54
  • コカ・コーラがBase上でNFTをリリース!フェルメールやゴッホなどの作品とコラボ はコメントを受け付けていません

コカ・コーラがBase上でNFTをリリースしました。
フェルメール・ゴッホ・ムンクなど、世界的に有名な絵画とコーラのボトルを掛け合わせたものです。 今回のコラボを含め、コカ・コーラのNFTに対する動きをまとめます。

コレクション概要

画像

出典:ONCHAIN SUMMER

コレクション名Masterpiece(マスターピース)
販売価格0.0011ETH(約300円)
販売日時2023年8月14日
ブロックチェーンBase(イーサリアムL2チェーン)

ミントはすでに終了し、二次流通でやり取りが行われています。

世界的に有名な絵画とのコラボ
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
ゴッホ「アルルの寝室」
ムンク「叫び」
アケット「Divine Idyll」
ワンダー・ブール「You Can’t Curse Me」
ファトマ・ラマダン「The Blow Dryer」
ヴィクラム・クシュワ「Falling in Library」
ステファニア・テハダ「Natural Encounters」

価格は、2023年8月25日時点で0.001ETH~0.0179ETHとなっています。

こちらのコカ・コーラのコレクションは、ONCHAIN SUMMER(オンチェーンサマー)というイベントを通じて発表されました。

Baseの大規模イベント「ONCHAIN SUMMER(オンチェーンサマー)」

「ONCHAIN SUMMER(オンチェーンサマー)」は、2023年8月9日から2023年8月30日まで開催されているイベントです。
Baseは、米国暗号資産(仮想通貨)取引所/アメリカ暗号資産(仮想通貨)取引所のCoinbaseが支援しているプロジェクトです。2023年8月9日にメインネット正式ローンチを受け、イベントが開催されています。

画像

アート、カルチャー、音楽、ゲームなどを含むイベントです。
コカ・コーラやアメリカのゲーム会社、OpenSeaなど、50以上の企業やアーティストが参加しています。

Baseブロックチェーンとは

米国暗号資産(仮想通貨)取引所/アメリカ暗号資産(仮想通貨)取引所大手のCoinbaseが、2023年8月9日にローンチした独自ブロックチェーンです。
独自のブロックチェーン運営による手数料を獲得できるほか、ブロックチェーン上に構築されたアプリは収益性が高くなる可能性があるとされています。
すでに100個の分散型アプリケーションがBaseに導入する準備ができているようです。
「ONCHAIN SUMMER(オンチェーンサマー)」イベントは、Baseの宣伝のためでもあります。

コカ・コーラのNFTの歴史

コカ・コーラは、過去にもNFTプロジェクトを展開してきました。
2021年7月には、OpenSeaでオークションを実施。
4点のコレクションが展開されました。
・The Friendship Box
・Coca-Cola Bubble Jacket Wearable
・The Sound Visualizer
・The Friendship Card

画像

出典:日本コカ・コーラ公式サイト

2022年の12月には、「FIFAワールドカップ・カタール2022」を記念したNFTをリリースしています。
Crypto.com・デジタルアーティストGMUNKと提携し、Crypto.comのNFTプラットフォーム上で開発されました。

まとめ

最近話題になっていた「friend. tech」もBase上のサービスです。

関連記事:【保存版】friend.techの始め方・仕組みを画像付きで解説!

Base上での動きが活発になっています。
メインネットローンチ後に、約13万件のユーザー数を獲得しています。
コカ・コーラの動きだけでなく、Base上での動きにも注目です。

画像ソース:shutterstock / Sombat Muycheen

秋葉 慶介副編集長

投稿者プロフィール

Web3.0、NFTのリサーチャー・ライターとして活動。
2021年にCryptoの思想に触れて興味関心を抱く。
アメリカのマシューボール(Matthew Ball)氏が2020年に提唱した、メタバースの5つの要素(狭義のメタバース)に感銘を受ける。
メタバースにはNFTが必要であることを確信し、NFTを購入。Web3.0での活動を始める。
「現実世界の拡張」「生き方の1つの手段」としてのメタバースの世界を目指し、NFTを多くの人に届けるために活動を続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Pickup Event

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る