【NFTを販売?】フォートナイトとナイキのコラボを解説!

6月20日に、フォートナイトの公式からコラボの発表がありました。
この発表の前に「ナイキがフォートナイトでNFTを販売するのではないか?」という噂が出ていました。
なぜその噂が流れたのか? 噂の背景とコラボの詳細を解説します。

結論からお伝えします。
ナイキがフォートナイトでNFTを販売することはありませんでした。
以下の2つを解説していきます。
・なぜ噂が流れたのか
・ナイキとフォートナイトのコラボ概要
フォートナイト公式ツイートはこちら👇

なぜナイキがフォートナイトでNFTを販売する噂が流れたのか。
6月16日のナイキの公式SNSで、意味深な動画が流れたからです。
この動画で、「ナイキがフォートナイトでNFTを販売するのでは?」という噂が出ました。

動画の最後に、ロゴが出てきます。

  • ナイキのWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」
  • Epic Gamesの「アンリアルエンジン」

上記の2つのロゴで締めくくられています。
動画最後のロゴはこちら👇

これだけでは、なぜNFTの話が出てきたのか分かりませんよね。
順を追って解説します。

前提

「ナイキの公式アカウント」と「.SWOOSH」の公式アカウントは別物です。
左の画像がナイキの公式。 右の画像が.SWOOSHの公式。
.SWOOSHはナイキのロゴに 「 . 」があります。

.SWOOSHとは

.SWOOSHは、NIKEが提供するWeb3プラットフォームです。
公式サイト:https://www.swoosh.nike/location

.SWOOSHの特徴
・Polygonチェーン
・ウォレット不要
・2022年にβ版開始

デジタルスニーカーなどが販売されます。
4月18日には、最初のセールが発表されました。

以上の前提を踏まえると、
・.SWOOSH
・アンリアルエンジン

上記の2つのロゴで締めくくられた動画を見れば、 「フォートナイトでナイキのNFT出るかも!」と思いますよね。
昨日の発表で期待をしていた人たちは、残念に思っているでしょう。

余談ですがナイキのコミュニティで、 「ナイキがフォートナイト・クリエイティブ2.0を使ってNFT関連のゲームを開発したのではないか」 と推測されていました。

フォートナイト・クリエイティブ2.0とは何か

フォートナイト・クリエイティブ2.0(UEFN)では、クリエイターがフォートナイト上にワールドを作成できます。 さらに、利益の40%がクリエイターに還元。
既に、UEFNで個人クリエイターが十数億稼いでいる事例もあります。
バーチャル新宿も👇

まとめ

最後に、コラボについてまとめます。
今回のコラボでUEFNは使用されていますが、NFTの導入はありませんでした。
作成されたワールドは、6月28日午前9時まで利用可能です。
島のコード「2118-5342-7190」でアクセス可能。
10分以上プレイすると、アクセサリー「Air Max 1 ’86」が貰えます。

ショップ内のアイテムもあります。

  • ツルハシ
  • グライダー
  • エモート

さらに、特典もあります。
これはアメリカ在住で13歳以上のプレイヤーのみです。
Epic GamesアカウントとNikeのアカウントをリンクさせます。
リンクを6/20~6/27の間にすれば「Achievement」が取得可能です。
今後、早期アクセスなどの対象になる可能性があるそうです。

秋葉 慶介副編集長

投稿者プロフィール

Web3.0、NFTのリサーチャー・ライターとして活動。
2021年にCryptoの思想に触れて興味関心を抱く。
アメリカのマシューボール(Matthew Ball)氏が2020年に提唱した、メタバースの5つの要素(狭義のメタバース)に感銘を受ける。
メタバースにはNFTが必要であることを確信し、NFTを購入。Web3.0での活動を始める。
「現実世界の拡張」「生き方の1つの手段」としてのメタバースの世界を目指し、NFTを多くの人に届けるために活動を続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Pickup Event

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る