NFTマーケットプレイス「Blur」スマホで使える機能を紹介!

NFTマーケットプレイスの「Blur」は、2023年6月20日にモバイル端末に対応したことを発表しました。

今まではウォレットの接続が必要でしたが、サインインなしでも全コレクションが閲覧可能です。

3月のBlurの発表では、閲覧・購入機能のみでした。
その他のモバイル機能は「近日公開予定」となっていました。

Blurとは?

2022年10月にサービスを開始したNFTマーケットプレイスです。
独自トークンのエアドロップで、OpenSeaで売買されることが多かったNFT市場を一変させました。
急速にユーザー数を増やしています。国内での分析も活発に行われていました。

Blurの特徴は、NFTマーケットプレイスでありながら「アグリゲーター機能」を搭載している点です。

アグリゲーター機能とは
複数のNFTマーケットプレイスで出品されているNFTを1つのプラットフォームで購入できるようにすること

OpenSea・X2Y2・LoosRare などのマーケットプレイスと価格の比較ができます。


スマホで利用できるサービス

モバイル対応は、ユーザーの利便性を高めることが目的です。
Blurのユーザーは、スマホから以下のサービスが利用可能になりました。

  • SWEEP(NFTの一括購入)
  • BID(入札)
  • LIST(出品)
  • LOAN(融資)
  • Buy now pay later(後払い購入)
  • Manage portfolio(ポートフォリオ管理)

今回のモバイル対応で、Blurのユーザー数に影響を与えるか気になります。
ウォレットを繋げなくてもコレクションが見れるので、利便性が高いことは明らかです。

まとめ

NFTの購入に至るまでには、様々な障壁があります。

  • 暗号資産取引所の口座開設
  • ETHの購入
  • メタマスクに送金

少しでもUI/UXが改善されることで、新しい技術に触れることができる人は多くなります。
多くの人が手軽にNFTを購入できる環境は、発信者だけでなく開発者によって作られていきます。
Blurだけでなく、他のマーケットプレイスの動きにも注目です。

関連記事
【2023年最新版】MetaMask(メタマスク)とは?PCとスマホでの始め方を徹底解説
【2023年最新版】GMOコインの口座開設方法を画像付きで解説!
【2023年最新版】仮想通貨取引所の手数料を比較!手数料を安くするコツとは?

秋葉 慶介副編集長

投稿者プロフィール

Web3.0、NFTのリサーチャー・ライターとして活動。
2021年にCryptoの思想に触れて興味関心を抱く。
アメリカのマシューボール(Matthew Ball)氏が2020年に提唱した、メタバースの5つの要素(狭義のメタバース)に感銘を受ける。
メタバースにはNFTが必要であることを確信し、NFTを購入。Web3.0での活動を始める。
「現実世界の拡張」「生き方の1つの手段」としてのメタバースの世界を目指し、NFTを多くの人に届けるために活動を続けている。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

Pickup Event

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る